5日で5000枚の約束

14045050_656571117840975_44771564_o

災害が起きた時、被災された方々は体育館など冷たく硬い床に段ボールを敷き、その上で何日も過ごさなければなりません。
そのような有事の際に、避難所に畳をお届けしようという「5日で5000枚の約束」という全国の畳店からなる災害援助プロジェクトに宮原畳店は加盟しております。
災害発生時、プロジェクトに加盟している畳店は新しい畳を作り、避難所へ届けます。
1店で作れる畳の数は少なくても、全国の加盟店が力を合わせ災害が起きてから5日で5000枚の畳を避難所にお届けします。
4月に起きた熊本地震では6000枚以上の畳を避難所にお届けし、被災された方々に大変喜んでいただけました。
ただ闇雲に畳を届けるのではなく事前に自治体と協定を結んでおくことが重要です。
そして2016年8月18日に田辺静岡市長・プロジェクト発起人出席のもとプロジェクに加盟している畳店5名と共に静岡市との調印式に出席してきました。

田辺市長からは
「避難所という制約が多くなる空間に皆さんの気持ちがこもった畳。日常に少しでも近づけるというのは大変ありがたいことです。」という言葉をいただきました。災害は起きないに越したことはありませんが、備えだけは充分にしたいものです。

 

関連記事

  1. お客様の声をいただきました♪
  2. ごあいさつ
  3. 畳替えと大掃除
  4. 静岡市駿河区下川原T様 お客様の声
  5. 畳の表替え 川根本町・M様
  6. 熊本研修 その2
  7. 秋は畳替えに最適な季節です♪
  8. 9月24日は畳の日

最近の記事

施工例

  •  昨日まで仕事中には扇風機を回して作業していましたが、今朝の静岡市内は、朝から急に秋めいてきて、半袖では肌寒い […]

  •  先日、静岡市駿河区下川原M様のお宅の畳を表替えさせていただきました。 ここのところ季節の変わり目ということも […]

  •  静岡市駿河区下川原のO様の畳を表替えさせていただきました。 今年の5月に1階居間の畳の表替えとふすまの張替え […]

PAGE TOP