畳の表替え 静岡市駿河区青木A様

 ゴールデンウイーク前に表替えをさせていただいた静岡市駿河区青木のA様のお宅は、最近の住宅には珍しい広~い十畳の和室でした。

 しかも畳の敷き方がちょっと変わっていて、飲食店や旅館の広間のような敷き方でした。

 手書きですみませんが絵があった方がわかりやすいと思いましたので図で説明しますね!

 

 一般住宅でよく見る八畳間の畳の敷き方です。ここに二畳くっ付いて十畳間になります。

 

 この敷き方が通常一般住宅で用いる八畳や十畳の畳の敷き方なのですが、A様のお宅はこんな感じす。

 

 

 どちらの敷き方が正解・不正解とかではありませんが、A様のお宅のような敷き方は先にも書きましたが、旅館の広間などに用いられる畳の敷き方で、あまり一般住宅では用いらないのですが、十畳もあれば立派な広間ですしスッキリとして広く感じるから良いかもしれませんね!

 縁も金色に輝いていて凄く綺麗になったと喜んでいただけました♪

関連記事

  1. 熊本研修 その2
  2. 新畳に入れ替え(静岡市駿河区下川原 A様)
  3. 静岡市駿河区八幡I様邸 縁なし畳(新素材)
  4. 9月24日は畳の日
  5. 5日で5000枚の約束
  6. 畳替えと大掃除
  7. 畳の表替え 静岡市駿河区中島・O様
  8. 静岡市駿河区みずほのS様宅の畳表替え

最近の記事

施工例

  •  昨日まで仕事中には扇風機を回して作業していましたが、今朝の静岡市内は、朝から急に秋めいてきて、半袖では肌寒い […]

  •  先日、静岡市駿河区下川原M様のお宅の畳を表替えさせていただきました。 ここのところ季節の変わり目ということも […]

  •  静岡市駿河区下川原のO様の畳を表替えさせていただきました。 今年の5月に1階居間の畳の表替えとふすまの張替え […]

PAGE TOP