新着情報

  1. 編戸の張り替え最盛期!編戸の張り替えは本格的に暑くなる前がお勧めです。

    4月も中旬を過ぎ、日中は汗ばむような陽気の日が増えてきました。そんなこともあってか、ここのところ網戸の張り替えのご依頼を多くのお客様からいただきます。クーラーをつけるにはまだ早いし、窓を開けて新鮮な空気を取り込みたいけどよく見たら網戸に穴が開いていた・・・そんな経験ありませんか?本格…

  2. 知っていましたか?1年に2回もある「畳の日」

    皆さんこんにちは。寒い寒いと思っていましたが、気が付けばもう春です。そろそろ桜の開花宣言が聞かれるようになってきました。来週からはもう4月に突入します。そして、あまり知られていませんが4月には「畳の日」が制定されているのをご存じでしょうか?今回はそんな「畳の日」について書いてみようと思います。春…

  3. 自然素材の畳で叶える健康と快適な生活

    現代生活では、私たちはしばしば自然とのつながりを忘れがちです。しかし、そのつながりを取り戻すことで、心身の健康はもちろん、毎日の生活の質を格段に向上させることができます。特に自然素材の畳は、私たちの生活空間に穏やかな安らぎと豊かな健康効果をもたらしてくれます。このブログでは、畳がどのようにして私たち…

  4. 畳が凹むのは畳が古いから?畳自体が凹んでいる場合と畳ではない場合があります。

    お客様から「畳が凹むから見てほしい」といったご依頼のお電話をいただくことが度々あります。お伺いして見させていただくと、畳の寿命でコシがなくなりへたってしまっている場合や、足当たりの多い出入口の畳や重量のある家具やベッドを置いていて凹んでしまった場合などがあります。そのような場合は畳自…

  5. 「熊本県産畳表張替SNS投稿キャンペーン」開催中!

    熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会が熊本県産畳表張替SNS投稿キャンペーンを開催しています。気になるキャンペーンの内容は、熊本県産の畳表を使って畳の表替えや畳の入れ替えをしたお部屋の写真または動画を「X(旧Twitter)、Facebook、instagramで「#畳は熊本」と「#畳…

  6. 新鳥の子ふすま紙「景勝」№178を使用してふすまの張替えを施工しました。

    先日、縁付き畳から縁なし畳への表替えを施工させていただいた静岡市駿河区向敷地のお客様。畳の表替えが完了したので続けてふすまの張り替えを施工さていただきました。ルノンふすま紙「景勝」№178新鳥の子ふすま紙「景勝」№178を使用してふすまの張替えをしました。…

  7. 静岡市駿河区向敷地のお客様の縁付き畳を天然素材の藺草(いぐさ)で織られた「目積表(めせきおもて)」を使用して縁無し畳に表替えをした施工事例

    静岡市駿河区向敷地のお客様の縁付き畳を表替えで縁無し畳にしました。畳床(たたみどこ・畳の土台部分)はまだしっかりとしていたので、畳の表面部分の畳表(たたみおもて:畳の表面のゴザ部分)を交換する「表替え(おもてがえ)」で施工しました。最近は縁なし畳に使用する畳表では、天然のい草…

  8. 畳替えに適した季節は?畳替えのタイミングや最適な時期を解説します。

    今年は暖冬ということもあり、2月だというのに春を感じさせるようなぽかぽか陽気の日もあります。私たち畳屋にとって1月、2月は例年ならばお正月までに終わらせる畳替えも一段落といった感じになるのですが、今年は例年に比べ暖かい日が多いからなのか、年が明けても畳替えやふすま・障子の張り替えのご依頼が例…

  9. ふすま紙はルノン株式会社のしんせん№916、畳は天然い草の目積表(めせきおもて)を使用して、ふすまの張り替えと半畳縁なし畳(琉球畳風)に入れ替えをした施工例。

    清水区七ツ新屋にお住いのお客様から畳替えとふすま張替えのご依頼をいただき施工しました。畳は一般的な縁付き畳から天然い草の目積表(めせきおもて)を使用した半畳縁なし畳(琉球畳風)に入れ替え。ふすまは糸入りのふすま紙、ルノン株式会社のしんせん№916を使用して張替えを行いました。「目…

  10. 定期的な畳替えはハウスダストから家族を守っている!?

    昔は1年に1回は畳を外に干して天日干しをする「畳干し」(たたみぼし)を行っていたそうです。その際、畳の下にたまったチリやホコリをお掃除出来ていたのですが、最近では畳干しの習慣も無くなり、畳の下やタンスの裏側をお掃除する機会は畳替えをするかお部屋の模様替えをする時にしかなくなってしまいました。…

最近の記事

施工例

PAGE TOP