樹脂製の畳表に機械すき和紙の畳表。縁なし畳に使用する畳表で近頃人気急上昇の新素材畳表。メリットとデメリットを詳しく解説します。

一昔前は畳といえば藺草(いぐさ)に藁床(わらどこ)のオール自然素材が

当たり前でしたが、最近の畳は土台部分は木質系のインシュレーションボードと

発泡ポリスチレンを合体させた畳床が主流です。

建材床(オールボード)↓

建材床(ボード+スタイロフォーム)↓

畳表も樹脂製や機械すき和紙の新素材畳表が増え始めています。

最近の住宅では昔ながらの和室が少なくなり、リビングの一角に

畳コーナーや畳スペースといった感じで畳が使われることが多くなり、

畳の色もフローリングと統一したい、もっとシックな色の畳が欲しいなど、

畳も変化をしなければ生き残れなくなってしまいました。

そして、新築やマンションで採用される畳も縁付き畳よりも縁なし畳が多くなり、

琉球表と目積表をしのぐ勢いで新素材畳表は縁なし畳に使われるようになってきました。

そこで今回は、縁なし畳に使われることの多い畳表の中から

樹脂製の畳表や機械すき和紙から作られた畳表のメリットとデメリットを詳しく解説します

琉球表(りゅうきゅうおもて)についての記事はこちら→こちら

目積表(めせきおもて)についての記事はこちら→こちら

新素材畳表について

当初は飲食店や旅館など、業務用で使用されることがほとんどでしたが、

現在では豊富なカラーバリエーションやお手入れのしやすさから

一般住宅でも使用されることが多くなりました。

樹脂製

樹脂(ポリプロピレン)を加工して織られた畳表です。

樹脂製なので日焼けによる色あせが少ないので、陽当たりのいい部屋に向いています。

また自然素材に比べてカビにくいので、湿気やすいお部屋にも向いています。

液体をこぼしても浸透しにくいので、ご飯を食べる場所に使用しても安心です。

機械すき和紙

機械すき和紙をこよりにして織られた畳表です。

樹脂製の畳表と同様に、日焼けによる色あせが少ない、カビにくい、

液体が浸透しにくいのが特徴です。

新素材表のデメリット

藺草のような作用はありません

自然素材ではないので、当然ですがい草の香りはしません。

また、い草のように湿気の吸放出作用、嫌な臭いや有害物質を吸着する作用もありません。

リラックスする部屋というよりもカッコいい部屋、モダンな部屋といった感じでしょうか。

凹み・汚れ・すり傷が目立つ

長い間使用していると、い草のようにササクレてくる事はありませんが、

樹脂製の畳表はちょろちょろと細い繊維のようなものが出てきます。

液体が浸透しにくいのが新素材畳表のメリットではありますが、

ずっとはじき続けるわけではありません。

徐々にではありますが撥水性は薄れていきます。

藁床との相性が悪い

昔ながらの藁で作られた畳床(たたみどこ:畳の土台部分)は、圧縮して作られているため、

どうしても凸凹があります。新素材畳表はその凸凹をひろいやすく、相性が良くありません。

なので、新素材畳表を使用したい場合は藁床ではなく、建材床を使用することをお勧めします。

まとめ

自然素材、新素材どちらにも一長一短あります。

お部屋の用途やこんな部屋にしたい!というご希望に沿った

畳表を選んでいただき、やっぱり畳って良いよね♪

一部屋は欲しいよね♪と思ってもらえたら嬉しいです。

関連記事

  1. メダルラッシュに沸いた東京オリンピック。柔道は畳なしでは語れない…
  2. 安定した人気のある目積表の縁なし畳。自然派志向の方や畳はやっぱり…
  3. 熊本グリーン農業応援宣言
  4. お店の電気をLED化
  5. 5日で5000枚の約束
  6. 富士山
  7. 今日は何の日?即座に「畳の日」と答えられるのは畳屋さんだけ!?い…
  8. 茶道と畳の深い関係には続きがあった!茶道には畳でなければいけない…

最近の記事

施工例

PAGE TOP