静岡市駿河区向敷地のお客様の縁付き畳を天然素材の藺草(いぐさ)で織られた「目積表(めせきおもて)」を使用して縁無し畳に表替えをした施工事例

静岡市駿河区向敷地のお客様の縁付き畳を表替えで縁無し畳にしました。

畳床(たたみどこ・畳の土台部分)はまだしっかりとしていたので、畳の表面部分の畳表(たたみおもて:畳の表面のゴザ部分)を交換する「表替え(おもてがえ)」で施工しました。

施工前

最近は縁なし畳に使用する畳表では、天然のい草で織られた畳表以外にも機械すき和紙から作られた畳表や樹脂製の畳表もあり、豊富なカラーバリエーションなどで人気があります。

今回の表替えで使用した畳表は、天然素材のい草で織られた「目積表(めせきおもて)」という畳表です。

「目積表(めせきおもて)」とは?

左側が一般的な畳表。 右側の目の細かい畳表が目積表。

「目積表」は天然い草で織られており、主に縁なし畳(琉球畳風)に使用されることが多い畳表(たたみおもて)です。縁の付いた畳に使用される畳表よりも、織りの目幅が細かいのが特徴です。

施工後

自然素材の目積表を使用するメリット

目積表は一般的な縁の付いている畳に使用されている畳表同様、天然素材の「藺草(いぐさ)」で織られているため、天然素材特有のメリットがいくつもあります。

・お部屋の湿度を調節してくれる調湿機能

・安眠効果・リラックス効果のある藺草の香り

・藺草のスポンジ構造による保温・断熱効果

・藺草のスポンジ構造による空気の浄化

・水虫の原因となる白癬菌(はくせんきん)などに対しての抗菌効果 などなど。

縁なし畳といえば最近は樹脂製や機械すき和紙の畳表に押され気味ですが、目積表には天然素材ならではのメリットが沢山あります。

お客様には「スッキリして部屋が広くなったような気がする。」と喜んでいただきました。

既存の畳を縁なし畳にしたい!縁なし畳の表替えをご検討でしたら見本持参でお伺いしますので何なりとお申し付け下さい。

LINEからもお問い合わせいただけます。

関連記事

  1. DIYでふすまの張替えは難しい?ふすまの張替え施工例。新鳥の子「…
  2. 畳の腰がなくなりグニャグニャしてきたら新畳に入替えです。畳ってど…
  3. 平安時代から続く畳の歴史は古く、その畳を作る職人の名称、呼び方は…
  4. 初めての畳替え。どこのお店に頼んだらいいのか迷ってしまいますよね…
  5. 畳の下に新聞紙を敷いてもいい?どうして畳の下に新聞紙が敷いてある…
  6. 日本人の生活に欠かすことの出来ない畳は、諺(ことわざ)にもたくさ…
  7. 国産と中国産の畳はどこが違うの?品質や価格の違いは?畳のプロが国…
  8. 四畳半の畳の敷き方には数種類のパターンがあります。四畳半には祝儀…

最近の記事

施工例

PAGE TOP