閲覧注意!シロアリに畳を食べられた!畳がシロアリ被害にあってしまった…。シロアリが発生したらどうしたら良いの?シロアリの駆除方法や発生させない対策。

前回まで畳の上や和室で見かける害虫について書いてきました。

気温が上がり始める春先から10月頃までは、虫の動きも活発になり注意が必要です。

そしてこの時期、同じくらい注意して欲しいのがシロアリの被害です。

畳にいびつな形の穴が開いている。畳がなんだかブカブカ凹む。

など異変があったら気を付けて下さい。

 

なんでも食べてしまう厄介なシロアリ

シロアリは主に床下に生息しています。

なので、畳にまでシロアリの被害が及んでいるという事は、

おそらく、床下のエサ(家の柱や土台など)を食べ尽くし、

さらにエサを求めて室内に這い上がってきたことが考えられます。

室内に上がってきたシロアリは、壁や柱、畳などに入り込み

内側から食べることでさらに住宅へ被害を及ぼします。

室内と言っても人間の目の届かない場所で移動をするので本当に厄介です。

 

シロアリが好む環境

シロアリは高温多湿の環境を好みます。

床下やお風呂場は特に注意が必要です。

また和室に関しては、絨毯や布団を敷きっぱなしにしていたり、

使う頻度が少なく、お手入れがされていない、放置されている場合にも気を付けて下さい。

 

シロアリ被害実例

このお宅は、1年中絨毯が敷きっぱなしの状態が何年も続き、

なんだか最近畳がブカブカして沈むような感じがするから見て欲しいという

お電話をいただき、絨毯をめくってみたら写真のような状態でした。

 

シロアリ被害実例2

この畳は、夏場に果物の入った段ボールを畳の上に置いておき、

久しぶりに動かしてみたらシロアリに畳と段ボールを食われていたという被害です。

シロアリは木質素材が大好物ですので、段ボールの置きっぱなしも注意しましょう。

また、生ものが入った段ボールを、長期間畳の上に直接置いておくのは、

気温や湿度が高い時期はやめた方が良いようです。

 

シロアリ被害が畳に及んだら

畳にまでシロアリ被害が及んでしまったら、新しい畳に入れ替える事をお勧めします。

新しい畳を入れる前に、必ず専門の業者さんにシロアリの駆除をしてもらって下さい。

シロアリは人間に見つかると土の中に隠れてしまうので、

市販の殺虫剤をまいた程度では完全に駆除できません。

シロアリの駆除は必ずプロに頼みましょう。

 

1部屋全ての畳を入れ替えましょう。

被害のあった畳だけを交換して良いにしてしまうと、

今のところ表面上は被害がなかった畳に、もしかしたらシロアリが潜んでいるかもしれません。

そこから被害が大きくなってしまう場合も考えられますので、

可能でしたら1部屋全ての畳の入れ替えをお勧めします。

 

シロアリ被害にあわないために

日頃のお掃除やお手入れ、定期的なメンテナンスが

シロアリ被害を防ぐ最も大事なことだと思います。

今では外に畳を干す習慣もなくなり、畳の下がどんな状態なのかを見る機会も

ほとんどありません。5年に1回を目安に定期的に畳替えをして頂ければ、

畳の下の床板の状態もチェックできて、乾燥させることも出来るので、

大事なお家を長持ちさせることに繋がってゆきます。

関連記事

  1. 茶道と畳の深い関係には続きがあった!茶道には畳でなければいけない…
  2. 畳縁の用途は畳を守るだけじゃない!畳の縁がバッグに大変身!?色や…
  3. 畳の吸音効果や衝撃を吸収してくれる効果は、小さなお子さんのいるご…
  4. 静岡市清水区の新築住宅に樹脂製の畳表(たたみおもて)、セキスイM…
  5. 「国産畳専門店」てなに?畳なんだから国産は当たり前でしょ!?あま…
  6. 座敷に蟻が!重い家具と蟻に悩んでいた静岡市駿河区手越原のお客様の…
  7. 麦床(むぎどこ)を使用した畳を稲わらから作られた昔ながらの藁床(…
  8. 年末の大掃除時期。窓ガラスやフローリングと同じように畳も水拭きし…

最近の記事

施工例

PAGE TOP