「畳」と言うのはあくまで完成形の呼び方であって決してどれも同じではありません。40年以上手つかずだった静岡市葵区産女のお客様の畳を新しく入れ替えた施工例です。

昨年末にお仕事をさせていただいた客様は、家を建ててから40数年で初めての畳替えでした。

今までは畳に穴があけばガムテープを貼って、その上にゴザを敷いて・・・を繰り返していたそうです。

お客様曰く、重い腰をようやく上げて初めての畳替え♪

40数年もったと言いますか、もたせたと言いますか、今まで使っていたモノとは比べ物にならないくらい耐久性のある畳表(たたみおもて:畳の表面・ゴザ部分)と、腰が無くなりクタクタになった畳床(たたみどこ:畳の土台部分・芯材)もガチッ!と中身のつまった藁床(わらどこ)で新調しました。

 

「畳」と言うのはあくまで完成形の呼び方であって決してどれも同じではありません。

「畳」になる以前、藺草(いぐさ)農家さんが丹精込めて育てた藺草を畳表に織り上げるまでにはいくつもの過程があり、藁床(わらどこ)には田んぼで刈り取られた藁が藁床になるまでの過程があり、そしてお客さんのご希望・ご要望にあった畳表・畳床・畳縁(へり)を選んで「畳」にする畳屋がいます。

畳表や畳床にも様々な種類やグレードがありますが、新築の時などはなかなかそこまで細かく選ぶ機会はなかったかもしれません。ですが、今回はただ和室にくっ付いてきた「畳」ではなく、耐久性であったり見た目の美しさ・手入れのよさ・デザイン・使用用途など、一つ一つの素材からこだわっていただきました。

畳の部屋が少なくなりつつありますが、一つしかない和室でしたらなおのこと、こだわってみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

  1. 畳のお手入れは難しい!?ちょっとしたことに気を付けていただければ…
  2. 日本人の生活に欠かすことの出来ない畳は、諺(ことわざ)にもたくさ…
  3. 雑誌やSNSでは見たことあるけど、実物を見る機会が少ない縁バッグ…
  4. みんな大好き琉球畳♪縁なし畳も良いけど、縁付き・縁あり畳にも注目…
  5. 畳はどうやって作っているの?なかなか目にすることのない畳の作り方…
  6. 畳には「目」以外にも「ヒゲ」が生えている!?「ヒゲ」は畳表の善し…
  7. 昔ながらの稲わらで作られた藁床(わらどこ)は、上手に使えば50年…
  8. かき氷風 畳のぼり

最近の記事

施工例

PAGE TOP